冷たいマテ茶が最高においしい

最近の美容と健康ブームで、マテ茶はとっても有名ですが、パラグアイでは、テレレという冷たいマテ茶が
よく飲まれています。
マテ茶にハーブを入れて一緒に飲むものですが、苦みはありますが、最高に美味しい!!
パラグアイにいると、どの人もテレレ用の水筒を持っています。
バスの運転手さんは絶対に傍らにその水筒が、あります。
若い人も、おじいちゃんも、おばあちゃんも、みんなテレレが大好き。
週末には集まって、テレレを飲みながら話したりします。
名前が違って、温度が違うだけで、マテ茶とは変わりがありません。
ただ、テレレには、マテ茶にハーブが加わります。
主な効用は、ダイエット、利尿促進、強壮です。
なので、テレレを飲むと、近くなっちゃいます。ですが、バスの中でもどこでも、
隣り合わせた時には、テレレがまわってきます。パラグアイ流のコミュニケーションツールです。
元々は、パラグアイのインディオ、グアラニー族の薬用飲料だったそうです。
ビタミンやミネラルが豊富なので、まさに健康茶の代名詞です。
とても暑い国なので、夏にはキンキンに冷えたテレレがよく合います。
今では、有名百貨店などでも購入できるようですので、機会があれば、ぜひ一度試してみてください。




「どくだみ入り神農茶」が美味しい

 以前は緑茶を常用しておりましたが、カフェインが結構入っているので、最近はノンカフェイン茶を愛飲しています。
年と共に、水分を多く摂らないといけないイメージがあり(血液ドロドロ解消)、また、風邪の菌も喉を潤していると随分違うと言う記事を読み、色々な観点から「お茶」をタップリ飲もうと思ったのです。
 お茶コーナーに行くと、こんなにも沢山種類が出ているのかとビックリさせられるくらい、多種多様なお茶があります。
そんな中、昔から身体に良いとされている「どくだみ」は外せないと思い、ドクダミブレンド茶を買ってみました。
ドクダミ独特の味、匂い、苦みなど、最初は少し抵抗がありましたが、慣れるものですね。
 「ドクダミ」を意識すると、結構目に付くもので、今は生協さんオリジナルの「どくだみ神農茶」を常用しています。
ドクダミ、ハブ茶、浜茶、キダチアロエ、あまちゃずる、クコ、びわ、トウモロコシ、はとむぎの9種類の素材が配合されています。いづれも健康に良い薬効成分が認められているものばかりです。
 特にびわは3000年も昔から、インドでは「大薬王樹」と呼ばれ、万病を治す薬と記されていたと言われています。
クコも薬膳料理などに良く使われていますが、高血圧や動脈硬化の改善、頭痛、肩こりにも薬効があるとされています。
キダチアロエも、アロエの仲間で、皮膚、やけどの他、消化器官をはじめ様々な器官への効能が謳われています。
どれも毎日常用することで身体が浄化されて行くような気がしています。
 何より、ノンカフェインですから子供から大人まで安心していくらでも飲めます。
私はプラス今流行の「ごぼう茶」を更にブレンドして風味よくいただいています。
 たかがお茶、されどお茶。毎日の事ですから、少しでも身体に良いお茶をと思って、
これからも薬草茶を飲み続けたいと思っております。

(奈良県 CoCoさん)




かぼちゃの種茶でアンチイエイジング

私がおススメしたいのは「かぼちゃの種茶」です。
女性はかぼちゃが好きという人が多いですよね。煮物にしたり、天ぷらにしたり、スイーツにしたり。その時に出る種ってどうしてますか?まさか捨ててませんよね?かぼちゃの種には様々な効能があると言われています。これを捨てるのはもったいない!ちょっと手間はかかりますが、とっても美味しいお茶を入れることができるのでご紹介します。

かぼちゃの種をわたごと身からとって、天日干しします。天日干しといっても室内に置いて大丈夫です。2日間位日光がよくあたる部屋に置きます。平べったいザルがあったらそれを使って下さいね。今なら100均で、天日干し用のカゴが売っているので、それを使うのもいいかもしれません。パリパリにかわいたらフライパンで乾煎りします。焦げ付かないように気をつけて、こんがり焼き目がつくくらいになったら火を止める。これを急須に入れて、熱湯を注ぎ1~2分待ったら湯呑みに注いで下さい。こおばしくて、ほんのり甘い「かぼちゃの種茶」のできあがり。

かぼちゃの種には中性脂肪の低下、疲労回復、老化防止などなどたくさんの効能が言われています。捨てるはずの種を使っているので、節約にもなり一石二鳥!かぼちゃの種茶であなたもアンチエイジングしてみませんか?

(北海道 あっきゃさん)




コーン茶は万能茶!!

ウーロン茶、日本茶、緑茶、麦茶、ジャスミン茶、はと麦茶・・・
数あるお茶の中で私がもっともお勧めするお茶はズバリ「コーン茶」です。
なぜならコーン茶にはすばらしい効果があるからです。
それをひとつずつ見ていきましょう。

まずは味。
これは好みもあるかと思いますが、おそらく大体の人に好かれる味ではないでしょうか。
ジャスミン茶や紅茶などは確かに、はまれば大変おいしいものかも知れませんが、苦手という人も結構多い。
くせのあるお茶は万人受けはしづらいものです。
ところが、コーン茶はあまりくせがなく、食事のお供としても料理を選ばずどんなものにもよく合います。
麦茶よりも香ばしく冷たくしてもおいしいし、暖かくして飲んでもとてもほっとするような味わいです。

そしてうれしいことにカフェインゼロ、カロリーもゼロ。
妊娠中の方はカフェインを取りすぎるのはあまりよくないことと知られております。
なんとウーロン茶にもカフェインは含まれているのです。
ところが、このコーン茶はカフェインを含みませんし、利尿作用もあるので体にとてもいいんです。
さらにうれしいことにカロリーゼロなのでダイエットにもおすすめ!
そのままでも香ばしくとてもおいしいので、砂糖など食える必要がないんです。

一石何鳥にもなるコーン茶。
ぜひ試してみて下さい。

(大阪府 まげにゃんこ)

タンポポ茶 口コミ




おすすめのお茶は千茶荘の抹茶入り緑茶玉露白折

私のおすすめのお茶は何といっても千茶荘というお店の抹茶入り緑茶”玉露白折”です。
初めて出会ったのは今から10年以上前、大阪にいる叔母が知り合いにもらったものを送ってくれたことに始まります。最初に飲んでから今も変わらず飲む度に美味しい!!というのは変わりません。
緑茶に抹茶が入ると色も抹茶特有の緑色、飲んだ感じは少し塩分を感じるようなとても濃い味です。
少し覚ましたお湯を急須に入れて少々時間を置いた後に飲む最初の一杯は特にたまりません。
この種類のお茶、町のお茶屋さんや有名なお茶のお店に行ってもなかなか見当たりません。
私は叔母経由で購入していますが最近はネットでも購入できるようです。
お値段が少々高いのが難点でしょうか(笑)

最近は食事の時のお供のお茶はルイボスティーです。
いまさら~~~という感が否めませんが、これがすごく日本の食事(米)に合うんですね。そして気のせいかもしれませんが、睡眠の質が良くなった気がします。ノンカフェインということで興奮作用がなく、私の場合は朝までぐっすり寝れることがとても多くなりました。

毎日飲むのは紅茶。牛乳を泡立ててちょっと気分だけでもカフェ風にして飲むふわふわミルクを乗せたミルクティーにするのがおすすめです。育児疲れの毎日がこんな工夫で少しだけおしゃれに変わります(笑)

(東京  mhsさん)




飲みやすくて健康にいいレモンマートル

以前真夏に冷房のないところで接客のお仕事をしていたら、
膀胱炎やら脱水症になってしまったことがある。
そんなとき、知り合いがハーブティーをプレゼントしてくれたので、ものは試し!と挑戦。

ハーブティーにはたくさんの種類があるけれど、
なかでも一番のお気に入りは「レモンマートル」というもの。
ハーブティーという言葉を耳にすると、「オシャレ」というイメージが先に立ってしまうけど、
私のつかいかたは漢方茶とあんまり変わりない。
漢方茶というと効果はあるけれど飲みにくいとイメージがあるけど、
ハーブティーにも飲みにくいものもあるので、むやみにオススメしたりはできない。
でも、レモンマートルは名前のとおり、
レモンのいい風味がお口に鼻に、ふわっと広がる飲みやすさ(^^)
夏はアイスティーにしてもいいし、冬はホットでもいいので、
毎日ティーサーバーで淹れてご飯と一緒に飲んだりしてる。
利尿作用がとても強いので、午前中に飲まないと夜はおトイレに通うことになるけど、
疲れやすさやむくんだ感じはどんどんなくなったのが嬉しいかな。
いい香りのお茶なので、ちょっと気持ちがスッキリしない日は、
香りを楽しんで、ちょっと癒されてみたり。
気分転換になるのも、ハーブティーのいいところ♪

お友達が家に遊びにくると、よくハーブティーを淹れることがあるけど、
やっぱりみんな、数時間の訪問なのに、おトイレに通ってる
まぁ、健康にいいから、いいか(^_^;)

(北海道 かずきさん)